裁判離婚の手続き

裁判離婚とは、協議離婚の話し合いや調停でも離婚成立に至らなかった場合に、地方裁判所に離婚の訴えをする事です。ここでは、裁判離婚の手続きについてご説明します。

裁判離婚では、法律で定められた離婚原因が無い限り、離婚が認められません。配偶者に不貞行為があった、悪意で遺棄された、生死が3年以上不明な、精神病にかかり、回復の見込みがない、その他に婚姻関係を継続しがたい重大な理由がある場合の5項目のうちどれかの原因が必要になります。

手続きと流れは、離婚請求の訴状を作成し、家庭裁判所に離婚訴訟の申立てを行います。その後、第1回口頭弁論期日の通知を受け、裁判が始まります。大体月1回程のペースで裁判が開かれ、通常弁護士が代理人として出廷します。尋問も含め複数回にわたり裁判が行われ、1か月から3か月で判決が出されます。

訴状の作成や裁判を有利に進める為にも、早い段階から弁護士に依頼する事をお勧めします。話し合いでは感情的になってしまい、冷静さが失われます。そういった場合、弁護士に相談、依頼する事で合理的、冷静な判断をしてもらえ、早期解決にも繋がります。また、離婚のストレスから日常生活に支障をきたす事もありますが、弁護士に依頼する事で、交渉などに伴うストレスから解放されます。更に相場など離婚に関する有利な情報を得る事が出来、不利な交渉を免れます。事後の揉め事を避ける為にも出来るだけ早い段階から、専門的な知識や経験豊富な弁護士に依頼する事を、お勧めします